やまみんのビューティー情報 diary

女性の為の美容や健康、アンチエイジングについての情報をお届けします

5つのツボ刺激【脳活】で脳疲労を解消!プラス思考の100歳長寿者に学ぶ

※このサイトにはPRがが含まれています

【プロモーション】 なんとなくすっきりしない

疲れた状態が抜けがたい

最近は、精神的ストレスで、脳が疲れている人が増えています。

疲労が蓄積した脳は、ときにはうつを発症させることもあると言われます。

そして、その対策として、脳の血流アップさせるツボ刺激があります。

更に、100越え長寿者の共通した健康に長生きするヒントがあります。

どうぞ最後まで読んで、脳活を実践し脳の疲れを解消し心身をスッキリできれば幸いです。

精神的疲労が増えている現状

年とともに記憶力、考える力が低下する脳の老化は当たり前です。

でも、老化以外にも精神的疲労と脳疲労の関係も研究されているようです。

疲労と言えば肉体的な疲労をイメージします。

最近は、IT関連の普及によって人間関係、仕事面で変化しつつあります。

精神面でストレスを抱える脳疲労を感じている人が増えています。、

疲労が溜まった脳にご注意!

精神的ストレスを感じないで、知らないうちに疲労が溜まった脳は、うつを発症させることもあるそうです。

酸化ストレスが前頭葉の血流低下に関係あるようなので、精神的なストレスを取り除くことはなかなか出来なくても、抗酸化作用のある食品を摂ることが効果的だとか。

100歳長寿者に学ぶプラス思考

センテナリアン(百歳以上の高齢者)の特徴は、明るくて天真爛漫、優しさがあり、しかも穏やかで、ストレスが溜まらないような気質のようです。

センテナリアン(百歳以上の高齢者)見習って、ストレスを良くとらえることで脳を披露させないことができます、

たとえ悪いストレスでも、悪くとらえるより良くとらえた方が、脳を疲れさないで済みます。

まさに先人に学ぶ脳活です。

5つのツボ療法で血流アップ!

ポイントは、前頭葉の血流をアップさせることです。

頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)合谷(ごうコクという重要なツボを刺激すると血流アップにつながります。

すっきりしたいときは眉間の中央部分の印堂(いんどう)というツボ刺激が有効です。

 

その他にも神堂(しんどう)やおへその下のツボ気海(きかい)もすっきりツボになります。

まとめ

疲れが抜けない

すっきりしない

等の症状は、単なる身体の疲れではなく現代人が抱える脳の疲労かもしれません。

ほっとくとうつ症状になるリスクが高まります。

そこで、東洋医学のツボ刺激で脳の前頭葉の血流をアップし脳の疲れを解消することをお薦めしています。

引用元 orga world  頭部全体を心地よい強さでタッピングする。

その他にも、百歳の長寿者のストレスを良く受けとめる行動(ポジティブ思考)も見習い【 脳の疲労】を溜めない【脳活】生活で過ごせたらいいですね!

 -お問い合わせ-  -Privacy Policy-